おまとめローンが総量規制から対象を外されている理由は?

おまとめローンのサービスを利用して、借金を一本化、完済を目指す人が増加していると言われているそうです。このローンでは、消費者金融などの貸金業法による、借金の借り入れ上限となる総量規制という上限制限のあるローンから除外されています。原則として年収の3分の1以上は借りることができないので、非常に珍しいと考えられます。


おまとめローンは金額が大きくなりやすい

まず、この規制を受けずに利用できる理由に、このおまとめローンの特徴に、借り入れるお金の金額は高くなるものだという前提があるかと思います。おまとめローンでは、何社にもある借金を、一社で借り換えるということが最初に行われるものです。そのため、新しいローンという考え方をして審査を行っても、上限が少ない場合には、このローンのメリットが活かせない人が増えることも考えられると言われているそうです。


返済にかかる手間やストレスを減らすローン

おまとめローンを利用すると、返済も、ローンを一本化した金融機関だけに支払えばいいことになります。額がまとまることになりますが、ATM手数料などの面を考えても、非常に楽になると言われているそうです。また、返済日も月に一度になるので、つい忘れてしまうという、金融事故も防ぐことができます。消費者金融では、おまとめ専用ローンといって、実際にはお金を借りないローンで返済を行うことが多いそうです。

カテゴリー: おまとめローン   パーマリンク